社長メッセージ

代表取締役社長

平素より、第一フロンティア生命をお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。

私ども第一フロンティア生命は第一生命グループの一員であり、個人年金保険や終身保険といった貯蓄性保険商品の提供に特化した会社として2007年8月に開業しました。

当社はミッションとして「一生涯のパートナー“いつでもあなたに、とっておきを。”」を掲げております。「人生100年時代」と言われる今、将来に渡っての「資産形成」や相続・生前贈与によって大切なご家族へつなぐ・のこすといった「資産承継」等、お客さまのニーズは多様化しています。これらのニーズにお応えするため、お客さま一人ひとりに寄り添い、「とっておき」の商品・サービスを提供していくことで、お客さまと大切なご家族の安心で豊かな生活を支えていくことを私たちは目指しています。こうした事業活動は、お客さまのQOL(※1)向上にお役立ちできるとともに、ひいては国連の掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」(※2)の達成にも繋がるものと考えております。

また、当社は、お客さまから更にご支持をいただける保険会社として進化し続けることを目的に、あらゆる業務・サービスにおいて、お客さまの視点に立った品質の更なる向上に努め、「お客さま第一の業務運営」を追求してまいります。

今後もスピード感をもって、未来志向でチャレンジしていく創業以来のフロンティア・スピリットを信条として、お客さま、そしてビジネスパートナーである銀行や証券会社等の金融機関等代理店の皆さまから、より一層の信頼とご支持をいただけるよう、全社一丸となって挑戦を続けてまいります。
引き続き変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • ※1 QOL(Quality of Life)とは、物理的な豊かさや個々の身辺自立のみでなく、精神面を含めた生活全体の豊かさと自己実現を含めた概念です。
  • ※2 「持続可能な開発目標(SDGs)」とは、2015年9月、国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた17の「持続可能な開発目標」です。

2019年4月
代表取締役社長 武富 正夫