ご契約後の各種手続き

お手続き全般

Q1.
手続き書類(戸籍・印鑑証明・登記事項証明・遺言書・委任状 等)は現物でなくコピーでいいですか?
A.

ご本人による解約、死亡保険金の請求等、大部分の手続きではコピー(写し)で構いませんが、契約者変更、法律に基づき取引時確認が必要となる相続人による解約等一部の手続きでは、住民票などの現物をお願いする場合があります。
手続き内容によって異なりますので、お客さまサービスセンターにご照会いただくかご案内書面をご参照ください。

お客さまサービスセンター:0120-876-126
(受付時間 9:00~17:00(土日、祝日、年末・年始などの休日を除く))

Q2.
手続きに必要な本人確認書類のコピーは両面必要ですか?
A.

変更の裏書があるものについては両面コピーをお願いします。裏書が無ければ表面だけで結構です。

Q3.
第一フロンティア生命の窓口で手続きはできますか?
もしくは、販売の窓口となった金融機関等で手続きはできますか?
A.

各種のお手続きについては、原則として、ご加入の窓口となった金融機関等では手続きを行うことはできず、第一フロンティア生命に電話でお申出いただくことによって、書類の郵送によって手続きを行います。
住所変更などの一部手続きについては、ご契約者からのお電話によるお申出で手続きが完了する場合があります。
なお、解約、住所変更、運用目標値設定・変更・解除、証券・生命保険料控除証明書再発行、各種手続き書類のお取り寄せは、スマートフォン、パソコン、タブレット端末を利用して、インターネットからお申し込み可能です。解約については最短で翌営業日に着金します。こちらからお手続きください。

Q4.
家族からの申出でも手続き書類は送付してもらえますか?
A.

以下に該当する場合は、ご家族からのお申出で、ご本人宛の請求書類の発送を承ります。

  • 請求権者からのご依頼に基づくお申出で、お申出人が証券番号(または証書番号)をご存知であること。
  • お申出人が、請求権者の配偶者、1親等の親族、および、同居の2親等の親族のいずれかであること。

また、保険契約者代理特約を付加しているご契約では、契約者が自ら手続きを行うことができない場合、あらかじめ指定された保険契約者代理人が代わりに解約や年金の請求などのお手続きが可能です。

Q5.
クーリング・オフの期限、および、その手続き方法を教えて下さい。
A.

<保険料を一時払する商品の場合>
申込日、または、一時払保険料をお払込みいただいた日(第一フロンティア生命への着金日)の何れか遅い日から起算して、その日を含んで8日以内(土日・祝日・年末年始などの休日を含みます。)となります。

<保険料を平準払(月払、半年払、年払、前納)する商品の場合>
申込日、または、契約締結前交付書面を受け取った日の何れか遅い日から起算して、その日を含んで8日以内(土日・祝日・年末年始などの休日を含みます。)となります。

<共通>
手続き方法は、契約時に交付された「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」に記載されていますが、お手元にない場合は、お客さまサービスセンターまでご照会ください。

解約

Q6.
解約の手続き方法を教えてください。
A.

書類もしくはインターネット(フロンティアWEBお手続きサービス)の2つの手続き方法があります。

<書類でのお手続き>
解約をご希望される場合、解約試算・請求書専用 自動応答ダイヤルにお電話いただければ、解約請求書をお客さま宛郵送いたします。解約請求書に契約者ご自身でご記入いただき、同封の返信用封筒でご返送ください。

解約試算・請求書専用 自動応答ダイヤル:0120-654-823
(自動応答受付時間 8:00~20:00(土日、祝日、年末・年始などの休日を除く))

<フロンティアWEBお手続きサービスでのお手続き>
フロンティアWEBお手続きサービスとは、スマートフォン、パソコン、タブレット端末を利用して、インターネットで解約試算額の確認および解約のお申込み手続きができるサービスです。お申込みから最短で翌営業日に着金します。こちらからお手続きください。

Q7.
解約日を指定できますか?
A.

第一フロンティア生命にて、お手続き書類が不備なくそろった受付日が解約日と定められているため、解約日の指定はできません。

Q8.
解約手続きをして、着金するまでの期間はどのくらいですか?
A.

<書類でのお手続き>書類の郵送でのお手続きとなりますので、お申出をいただいてから着金まで7~10日程度となります。

<フロンティアWEBお手続きサービスでのお手続き>フロンティアWEBお手続きサービスとは、スマートフォン、パソコン、タブレット端末を利用して、インターネットで解約試算額の確認および解約のお申込み手続きができるサービスです。お申込みから最短で翌営業日に着金します。こちらからお手続きを開始してください。

Q9.
解約請求書の有効期限はありますか?
A.

解約請求書に有効期限は設けていません。ただし、必要書類漏れ等の不備によりお手続きが進まなかった場合は、お客さまの請求意思の確認のため、お客さまへの一定の勧奨期間を経過した後、お手続きを取り下げさせていただいております。なお、第一フロンティア生命から解約請求書を郵送する際に同封する返送用封筒にも有効期限がありますのでご留意ください。

死亡保険金受取人変更

Q10.
死亡保険金(給付金)受取人として指定したい人がいませんが、どうしたらよいですか?自分自身や相続人を指定できますか?
A.

ご自身を指定することや、法定相続人という指定は原則として取り扱っていません。被保険者の配偶者または3親等内の親族・6親等内の血族の方からご指定下さい。それでも該当者がいない場合は、お客さまサービスセンターまでご照会ください。

お客さまサービスセンター:0120-876-126
(受付時間 9:00~17:00(土日、祝日、年末・年始などの休日を除く))

Q11.
死亡保険金(給付金)受取人が亡くなってしまいました。変更手続きはどのようにしたらよいですか?
A.

ご契約者に、新たな受取人を指定していただく必要がありますので、ご契約者より第一フロンティア生命のお客さまサービスセンターへお電話ください。受取人変更手続きに必要な書類を送付させていただきます。
なお、ご契約者がお亡くなりになった場合には、ご契約者の法定相続人の方に、解約等の手続きをしていただくことになります。

お客さまサービスセンター:0120-876-126
(受付時間 9:00~17:00(土日、祝日、年末・年始などの休日を除く))

税務関係

Q12.
「お支払明細」に記載の必要経費とは何ですか?また課税対象となる所得とは受取額ですか?
A.

年金や定期支払金では、受取額の全額がそのまま課税所得になるのではなく、一定割合は投資元本の払戻し部分とみなされて課税対象とはなりません。この課税対象とならない部分が必要経費です。
「お支払明細」には、お支払額と必要経費を記載していますが、お支払額から必要経費を差し引いた額が、課税対象となる所得になります。

Q13.
年末調整で使用する保険料控除証明書が届かないようですが送ってもらっていますか?
A.

<保険料を一時払する商品の場合>
契約初年度のみ生命保険料控除の対象となります。控除証明書は、保険証券と同封してお送り差し上げております。
なお、生命保険料控除証明書は再発行することが可能です。

<保険料を平準払(月払、半年払、年払、前納)する商品の場合>
「つみたて終身・フロンティア(外貨建)」 「つみたて終身・フロンティアM(外貨建)」 「外貨あんしん積立保険」 「第一フロンティアつみたて終身(外貨建・無告知型)」「第一フロンティア生命の外貨建つみたて個人年金」については、契約日が今年の9月以前のご契約は、9月分の保険料の入金を確認後、10月中旬までに控除証明書を郵送いたします。また、契約日が10月以降の契約は、保険料の入金が確認できた翌週に発送いたします。

Q14.
この保険は個人年金保険料控除および介護医療保険料控除の対象ですか。
A.

個人年金保険料控除の対象となるためには、保険料の払込期間が10年以上あること等の要件を満たす必要があります。

<保険料を一時払する商品の場合>
ご契約の年に限り一般の生命保険料控除の対象となります。(個人年金保険料控除および介護医療保険料控除の対象とはなりません。)

<保険料を平準払(月払、半年払、年払、前納)する商品の場合>
「つみたて終身・フロンティア(外貨建)」 「つみたて終身・フロンティアM(外貨建)」 「外貨あんしん積立保険」 「第一フロンティアつみたて終身(外貨建・無告知型)」については、当年中(1月から12月まで)にお払込みの保険料(保険料円貨払込金額)に応じた金額が、一般の生命保険料控除の対象となります。(個人年金保険料控除および介護医療保険料控除の対象とはなりません。)
「第一フロンティア生命の外貨建つみたて個人年金」については、個人年金保険料税制適格特約を付加することで、個人年金保険料控除の対象となります。個人年金保険料税制適格特約が付加されていない場合は、一般の生命保険料控除の対象となります。

Q15.
昨年の生命保険料控除の確定申告を忘れました。今からでもできますか?
A.

可能です。還付申告の受付期間は、対象年の翌年1月1日から5年間です。

Q16.
解約返還金を受け取りましたが、確定申告は必要ですか?
A.

<源泉分離課税の対象の場合>
支払金から源泉分離課税が差し引かれている場合は、確定申告は不要です。

<源泉分離課税対象外の場合>
解約返還金額から必要経費を差し引いた金額が、所得税の一時所得と合算して、一時所得の特別控除50万円を超える場合は、原則として、確定申告が必要となります。
ただし、年金生活者であれば、公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の場合、あるいは、給与所得者であれば給与以外の所得が年間合計20万円以下の場合など、一定の条件を満たす場合には、確定申告を不要とする制度があります。
また、それらの所得が20万円を超えてもいても、基礎控除(合計所得額2,400万円以下の場合は48万円)の範囲内ならば、確定申告は不要となる場合があります。

Q17.
定期支払金付の終身保険に加入しています。昨年、定期支払金を受け取りましたが、確定申告が必要ですか?また所得の区分は何に該当しますか?
A.

定期支払金は、お支払額から必要経費を引いた差額が、所得税の雑所得の対象となり、原則として確定申告が必要となります。
ただし、年金生活者であれば、公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の場合、あるいは、給与所得者であれば給与以外の所得が年間合計20万円以下の場合など、一定の条件を満たす場合には、確定申告を不要とする制度があります。
また、それらの所得が20万円を超えてもいても、基礎控除(合計所得額2,400万円以下の場合は48万円)の範囲内ならば、確定申告は不要となる場合があります。

Q18.
保険契約から支払いを受けていますが、確定申告に必要な資料はいつ送られてきますか?
A.

お支払い直後に郵送している「お支払明細」が確定申告でご使用いただけます。お手元にない場合は、お客さまサービスセンターにお電話いただければ、再発行も可能です。

お客さまサービスセンター:0120-876-126
(受付時間 9:00~17:00(土日、祝日、年末・年始などの休日を除く))

運用目標値について

Q19.
運用目標値を設定できる商品について、目標到達した場合連絡等はありますか?目標到達したら解約しないといけませんか?
A.

運用目標値が設定できる商品にご加入で、運用目標到達した場合、第一フロンティア生命からの通知にてご案内いたします。
目標到達後は、すぐに解約して受け取ることも、 そのまま円建の保険契約としてご継続いただくことも可能です。なお、目標到達後は円建の保険契約となり、解約返還金(円貨)は減少することはありません。

Q20.
運用目標値は変更できますか?
A.

運用目標値が設定できる商品の場合、運用目標値への到達前ならば、ご契約者からのお申出で目標値を変更することが可能です。
書類もしくはインターネット(ご契約者さま向けインターネットサービス(マイページ))の2つの手続き方法があります。

<書類でのお手続き>
お客さまサービスセンターにお申出いただければ、請求書をお客さま宛郵送いたします。
請求書に契約者ご自身でご記入いただき、同封の返信用封筒でご返送ください。

お客さまサービスセンター:0120-876-126
(受付時間 9:00~17:00(土日、祝日、年末・年始などの休日を除く))

<ご契約者さま向けインターネットサービス(マイページ)でのお手続き>
スマートフォン、パソコン、タブレット端末を利用して、インターネットから手続きができます。こちらからお手続きください。

Q21.
運用目標値はどの金額で判定されますか?
A.

解約返還金(外貨建保険の場合は円換算の解約返還金額)で判定しますので、解約返還金額の増減率を気にしておいてください。
運用目標値の設定は、運用期間中に解約したら受け取ることができる解約返還金額が元本に対する一定の割合に到達したら運用をストップし、解約して利益を確保したいというお客さまの声に対応したものです。そのため、解約返還金で判定する仕組みとしています。

その他

Q22.
後継年金受取人の指定は必要ですか?指定がないと不都合がありますか?
A.

後継年金受取人とは、年金支払開始後に年金受取人が死亡し、年金支払が継続する場合に、新たな年金受取人となる方をあらかじめ指定しておける制度です。
指定がない場合は法定相続人が自動的に後継年金受取人となり、相続人が複数の場合は均等割となります。
後継年金受取人を指定していただくこと、指定しない場合に比較して、年金受取人に万一の際のお手続きが簡易であるため、年金支払開始後においては、後継年金受取人のご指定をお勧めいたします。

Q23.
「ご契約内容のお知らせ」「ご契約状況のお知らせ」はいつ頃届きますか?
A.

■定額保険にご加入の場合
年2回(契約応当月の1か月後と7か月後の下旬以降)郵送いたします。ただし、契約後初回の郵送は契約応当月の7か月後の下旬以降となります。

■変額保険にご加入の場合
年4回(1月・4月・7月・10月下旬以降)郵送いたします。

Q24.
第一フロンティア生命からの通知を受け取りたくないのですが、止めることはできますか?
A.

定期的なお知らせ等の通知物は、重要な内容であるため、原則として通知を止めることはできません。

Q25.
為替レートは毎日変わるのですか。新聞やニュースの為替レートと一緒ですか?
どこを見ればよいですか?
A.

為替レートは毎日変わります。新聞やニュースの為替レートではなく、第一フロンティア生命所定の金融機関(三菱UFJ銀行)が公表するTTM(対顧客電信売買相場仲値)を基準に定めています。
第一フロンティア生命における為替レートは、毎営業日10:30頃までに、ホームページ上で公表しています。

Q26.
第一フロンティア生命からの支払金が、本日、銀行口座に着金すると聞きましたが、朝一番には振り込まれますか?朝一番ではないなら何時に振り込まれますか?
A.

第一フロンティア生命からの送金処理は、金融機関のネットワークを通じた一斉処理で、営業開始前の時間帯で終了していますが、お客さま個々の口座への着金時間については、ご指定の金融機関により異なるため、第一フロンティア生命では分かりかねます。

Q27.
「口座変更ご請求手続きのご案内」が届きました。手続き方法を教えてください。
A.

2通りのお手続き方法があります。詳しくは「口座変更ご請求手続きのご案内」をご覧ください。

<WEBでのお手続き>
本人確認書類をご準備のうえ、請求書に印字されたコードもしくはURLから、WEB手続きサイトに遷移してお手続きをしてください。最短で当社翌営業日に変更が完了します。

<請求書でのお手続き>
請求書の記入、本人確認書類などの必要書類をご準備のうえ、同封の返信用封筒で返送してください。

よくある質問 カテゴリー一覧