社長メッセージ

お客さま 一人ひとりに寄り添い、
「とっておき」の商品・サービスを提供していくことで、
お客さまと大切なご家族の
安心で豊かな生活を支えていくことを
私たちは目指しています。

平素より、第一フロンティア生命をお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。

まずは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患されたすべての方にお見舞い申し上げます。
私たちは生命保険会社としての責務である保険金・給付金などを滞りなくお支払いすることはもちろん、保険料のお払込みなどの猶予や各種お手続きの簡易化といった対応を行っております。またインターネットを通じてお客さまご自身でお手続きいただける機能の拡充に取り組んでおります。

2018-20年度中期経営計画の期間においては、3年間で約18万件のご契約が運用期間満了を迎え一時金・年金のお支払い開始となり、また約17万件のご契約が、お客さまが設定された運用目標値(※)に到達するなど、多くのお客さまの資産形成にお役立ていただきました。

私たちは今年度よりスタートする2021-23年度中期経営計画において、新しいビジョン「“想い”をつなぐ、おてつだい」を掲げました。人生100年時代と言われる今、将来に亘っての「資産形成」や相続・生前贈与による大切なご家族への「資産承継」など、お客さまのニーズは多様化しています。新しいビジョンには、「お客さま一人ひとりの明るい未来や夢に向かって、いつもお客さまの心に寄り添い、安心・豊か・幸せといった“想い”をかなえる」ことが当社の使命であることを込めました。今後も、代理店の皆さまと協働・連携させていただきながら、お客さま第一の視点にたって、“とっておき”の商品・サービスをお届けします。そして、お客さまと大切なご家族の安心で豊かな生活を支え、一人ひとりのwell-being(幸せ)の実現を目指してまいります。

引き続き、私たちは安心をお届けする生命保険会社としての使命を着実に果たしていくとともに、社会・地域の一員として、持続可能な社会の実現に向けて取り組んでまいります。
今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • (※)お客さまに円換算の運用目標値を設定いただき、目標に到達した場合は、一括受取(解約)や円建保険として継続などの選択が可能です。