金融リテラシー教育の推進

04.質の高い教育をみんなに

「ライフシミュレーションゲーム Frontier World」の開発・推進

第一フロンティア生命は、こども金融教育向けに「ライフシミュレーションゲーム Frontier World」を開発しました。このゲームは、入学・就職などのライフイベントごとに「選択カード」によって「人生の選択」を行い、マスを進めていくボードゲームです。ゲームを通じて、人生におけるさまざまなお金の収入・支出を学べるとともに、円・ドルの交換といった為替要素もあるため「金融基礎知識」も楽しみながら学べる内容となっています。
すでに一部の地域で本ゲームを活用した授業を実施しております。コロナ禍において十分に配慮した対応を行いつつ、今後は、全国の自治体、教育機関、金融機関等と連携しながら、子どもから大人まで幅広く学びの機会を提供することで「金融リテラシー教育」をさらに進めていきます。

大学と協働した金融経済の取組み

2018年度に引き続き2019年度も、次世代を担う学生の金融経済リテラシー向上サポートとして、早稲田大学への金融経済教育寄附講座を実施しています。当社を取り巻く市場動向や、お客さまニーズの変化などを学びながら、生命保険会社に求められる役割を学習する機会を提供しています。

活動の一環として、学生と当社武富社長にて「人生100年時代におけるライフプラン」をテーマにディスカッションを行う機会を設けるなど、若中年層の「長期積立による資産形成の促進」といった社会的な課題解決に貢献する取組みも推進しています。

大隈塾の学生1年生から4年生の計23名が社長室に集まり、「人生100年時代におけるライフプラン」について意見交換を行いました。
(写真:2019年6月撮影)

2019年度は当社公式ホームページにおける広報戦略について考案するというカリキュラム。
約2か月の期間をかけプロジェクトを考案し、社長の前でプレゼンをして頂きました。